3つの特徴・強み

飯田通商の3つの特徴と強みをご紹介

高い収益力

企業の力はまず何といっても利益を挙げているかどうかですが、不況の中でも業績をあげていくのが会社の実力です。
当社は創業以来の黒字を更新しており、過去5年以上連続で営業利益率は5%以上と、皆さんがご存知の優良企業と比べてもこの5%の営業利益率がいかに高いかがお分かりになると思います。

国内売上高
2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
16,546 35,922 51,324 22,111 23,681
910 2,923 2,876 1,420 1,658

(単位:百万円)

海外売上高
2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
10,284 17,652 28,710 100,389 120,119

(単位:百万円)

連結売上高
2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
26,830 53,574 80,034 122,500 146,800

(単位:百万円)

商社なのに中国に工場がある!

飯田通商の中国工場 飯田通商は中国広東省東莞市に電子機器の生産工場を持っています。
今までは人件費のひっくさを利用したコスト競争力を強化するために、多くに企業が中国へ生産移転を実施、或いは予定をしていますが、飯田通商は15年前に今日を予測し設立しました。
現在はワーカー約2000名が電子機器の生産を始め、携帯電話、FAXの生産や電磁カウンター等電子部品の組立加工を行っています。

社員が若く、女性社員も活躍!

社員の平均年齢は「男性35.0才」、「女性27.1才」全社でも「32.1才」と若く活力があります。社員の約35%が女性社員です。

男性 女性 平均年齢
35.0歳 27.1歳 32.1歳

役員・パート除く